キャッシング会社と
遅延損害金


遅延損害金とは、金銭貸借契約を結ぶ際の契約項目には必ず「返済期日」があり、この返済期日の約束を守らなかった時に、借主の義務を果たせなかったとして『債務不履行』となり、損害賠償を負うことになります。借りてる人が期限の利益を損失した場合に、損失した日の翌日から債務の残高に対してかかる金額。遅延損害金の計算方法は残高x遅延損害金年率÷365日X喪失日の翌日からの経過日数。普通に借りている利率より遅延損害金年率は当然高くなります。法定金利の1.46倍以内を上限金利として請求される。


お金を借りれる会社情報