キャッシング会社と
利息制限法


利息制限法とは

利息制限法とは、消費者を金銭の契約で不利益を被ることがないように保護する目的で制定されている民法です。

利息制限法では、借入をする額が10万未満であれば20%、10万以上〜100万未満であれば18%、10万以上であれば15%と年利の上限を定めていて、それ以上の利息は無効になります。

また、返済が遅れた際の遅延損害金については法定金利の1.46倍を上限としています。


お金を借りれる会社情報